★豊富な学習時間と手厚いサポートが受けられる公認会計士専門学校が合格への近道!★

07.12.14 / 未分類 / Author:

公認会計士は、2006年度の新試験制度に移行後、安定して合格者数が増加していましたが、一般企業からの需要が伸びなかったうえにリーマンショックという未曾有の大不況の影響で合格者の就職難が深刻な問題となりました。したがって、ピーク時には19.3%もあった高い合格率が2011年度には6.5%までに減少してしまいました。景気の回復とともに合格率は回復していますが、一桁台とキープしており、依然として難易度の高い試験となっています。そんな難易度の高い試験だからこそ、本気で目指すなら公認会計士を目指すのであれば専門学校に通うことをおすすめします。公認会計士を目指す場合、予備校、通信課程などの選択肢もありますが、専門学校がサポートも学習環境も充実しています。公認会計士の専門学校は、クラス制を採用し担任が日々の学習管理をしっかりと管理してくれるので、自己管理が苦手な人でもペースが遅れることなく計画通りに勉強ができます。また、予備校などで問題になってくるのが自習室の確保です。週末や夜間になると社会人や学生が多く利用するため、席を確保することも困難になります。しかし、専門学校であれば教室が与えられているので、席取りに心配なく、授業以外の時間は自由に利用できるので無駄がありません。さらに、学習サポートだけでなく、合格後の就職対策も充実しています。就職実績の高い専門学校だからこそ、面接対策やエントリーシートの書き方などが的確で有用です。資格予備校のほうが、授業料が安くて魅力に感じる人もいますが、公認会計士は難関試験なので合格するまでに時間がかかってしまうことも。そうなったら、それだけ時間とお金を浪費してしまいます。専門学校なら、合格率も高いので、短期間で次のステップに立てるチャンスが高いです。まずは、資料請求や説明会などに参加して専門学校について詳しく調べてみましょう。

公認会計士 専門学校はコチラ

URL:xn--6oq69csyk568c7sa.biz

Comments: 0

Leave a Reply

| »